『あなたが夢中になる瞬間は?2019年夢中になる年にしよう!』

『あなたが夢中になる瞬間は?2019年夢中になる年にしよう!』

ブログを書き始めてから、3週間が過ぎました。毎日仕事があっても必ず1記事は書くと決め、毎日書き続けています。

約1か月も自分の意思で何もわからないことを続けていることにわたし自身も驚いています。

わたしがブログを書き始めた理由それは、

やっぱり自分らしく自由に生きたい

今の生活を変えたい

自分で一からできるという自信をつけたい

 

「やっぱり自分らしく自由に生きたい」

19歳の時に昔からの夢であった海外留学に1年間行かせてもらった時から、「自由に生きたい」という願いが強くなった。7歳から高校生まで、毎日部活と学校の勉強の日々で将来のことや自分が何になりたいかなんて正直考えたことがなかった。そんなこと考えている余裕がなかったのが正直だ。毎日朝4時30起きて電車で1時間30の道のり、帰宅は10時近くになる生活を3年間過ごしていた高校生時代の自分を今では尊敬している。でも、それを文句も言わずに支えてくれた母親はもっと大変だっと思うし、とても感謝している。

 

大学生になると今までできなかった学生らしい学生生活を存分に楽しんでいたのを思い出すが、1年間の大学生活を終えて「みんなと違う生き方、みんなと同じような大学生になりたく」という生意気な意見ではあるが強く思っていたわたしは大学1年生の10月に留学を決めて翌年2013年の3月から1年間の留学に行くことを決めた。

海外留学に行くと、文化、生活、環境、食事と全てが日本と違かった。フィジー共和国という幸福度が世界で1番高い国にいったのことは19歳のわたしにとって大きな経験である、日本と全く違う環境に行ってよかったと今でも思う。

日本と何が違うと、まず衣食住であった。家にはちゃんとして鍵は付いていないし、家は誰も入れるような感じだ。(笑)家の中には虫も一緒に住んでいるも同然である。汚いという概念さえも変えてしまった。

その時、日本って綺麗すぎて清潔すぎるんだと感じた。そして、洗濯。ホームステイ先に洗濯機はあったが、洗濯機の水はいつも泥ぽくて、「これ本当に綺麗になっているの?」っていつも思っていた。寮生活では洗濯機はなく、すべてバケツで手洗いであった。当然、洗濯機に勝るものはなく絞っても落ちきらない水分を含んだ洋服は重さで伸びきっていた。

そのせいなのか、日本のように綺麗な服を着ている人なんてほとんどいなかった。むしろ、日本でそんなの着てたらみんなにジロジロ見られる服を現地の人は着ている。洋服が大好きだった私は、お気に入りの服を持って行ったりしたが、説明会で聞いた通りきれいな服なんて1枚も必要なかった。フィジーできれいな洋服を着ているのは、日本人だけだ。

 

こんなにも日本と違う生活ではあったが、とても楽しんでいる自分がいた。生活が慣れなかったりなど、嫌気がさして帰る日本人留学生もたくさんいた。

一つ自分でも驚いていることは、フィジーにいる時はほとんど携帯が使えなったけど全く違和感を感じていない自分がいなかったことだ。日本に住んでいると、携帯がないと不安になったりメッセージを気にしたりと携帯を持っていないことなんてありえないと思っていたが、わたしにはそんなに大事ではなかったようだ。

 

日本にはあって、フィジーにはないものはたくさんあったからこそ今まで必要と思っていたもの、大切さに気がつかなかったものが明確にわかった。

日本は恵まれていることが当たり前になって、恵まれていることに気がつかない可哀想な国でもあると思った。わたしも留学に行くまでは、連絡を取りたい時に誰とでも話せる環境があること、温かいシャワーが出ることは普通で当たり前のことのように感じて、それがないと生きていけないような価値観を持っていたと思う。

でも、留学を経てそんなものなくても幸せは他にあって、違うものが幸せであるんじゃないかと帰国して考えるようになった。

 

留学生活がわたしの全て価値観を良い意味で壊し、見直すきっかけになったと同時に「自由に生きたい、みんなと違う生き方をしたい」と思っていた大学生時代の想いがブログを毎日書く力になっている。

 

「今の生活を変えたい」

ブログを書いて、自分の生き方を変えたい、生活を変えたいと思っている人はこの世の中に多くいると思う。わたしもその一人である。

ブログを書いて自由に生きたい、そして大好きな海外と日本を行ったり来たりしながら世界を飛び回るかっこいいブロガーになることが今の夢である。

そして、この挑戦を通してこのブログを読んでいただいている方に「勇気と行動力」を与えれるブロガーになりたいと思っている。

わたしにもできる、あのブロガーみたいになりたい!って思ってもらえるように今日も日々ブログの更新に努めている次第である。

ブログを書き始めたてから、今以上に時間を大事にしたいと思ったことないぐらい時間の大切さを感じる。帰国して色々なところでアルバイトをして、今年かた社員として働き始めたが仕事で拘束時間が長ければ長いほど、自分の時間や大切な人と過ごす時間の大切を感じる。

昔から無駄な付き合いでご飯に行くことなどは嫌いであったが、わたしの断るほどの理由と意志がなく飲み会に行ったりすることが多かったが、今では付き合いでの飲み会やご飯がなくなったおかげで自分の時間を取ることができ、おまけにお金も貯まるようになっている。

貯金が苦手で、お金を貯める理由がなければほとんどお金を使ってしまうなんてことが多かったが、今では必要ないものは買いたくない、必要のないものにお金は使いたくないとまで思うほどにモノへの執着心までもなくなった。その執着心は今では、ブログを毎日書く、良いブログにするという執着心に変わっていた。

 

自分で一からできるという自信をつけたい

ここまで読んでいただきありがとうございます

最後に、ブログを書き始めた理由自分で一から作れるという自信をつけたいはわたしにとって成し遂げたいことでもあり、これを成し遂げることで大きな成長につながると思ったのである意味挑戦である。自分で決めたことを形にする難しさとそれらを乗り越えたことで得る自信をわたしはブロブを書き始めた理由と同時に目標としている。

左も右もわからないわたしにブログの素晴らしさと希望を与えてくれたジュンイチさん。ネットで見つけた瞬間から記事を何回読んだことがわからないぐらい読みかえして、ブログを書き続け力をもらった。

 

ブログを通してまだ3週間ではあるが、ブログの楽しさと奥の深さを感じ日々たくさんのことを学ぶことが多い。絶対に近い将来でブロガーとして世界を飛び回ると強く思っている。

 

海外の生活を通して、変わった価値観と2018年の終わりに出会ったブログ。

ブログを通して様々な勇気と行動力を与えられれなと思うとともに、最後までブログを読んでいただいたことに感謝を伝えたいと思います

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

Thank you for reading my blog:)
AKINA

 

 

 

 

About AKINA 

AKINA 生まれてから22年間、本嫌いだった。

自由に生きたい!自分に自信がほしい。
そんな時に出会ったのが、1冊の本だった。
そして、この経験を伝えたい!知ってほしい!と思って出会ったのが、ブログを書くことだった。

毎日1冊、その日に読んだ本をブログに残し誰かの勇気・自信・やる気そして行動力になれればと嬉しいです。
Hope you enjoy my blog and Let me hear your opinion too!

コメント付きページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です